注文住宅を建てるときの三つのキーワードとは?

住み心地の良さを決める動線

注文住宅を建ててもらうときには動線を考えて間取りを考えるのが大切です。どのようにして家の中で過ごすのかを考えてあまり無駄な動きをしないで住むように部屋の位置を決めましょう。家事をする人の動きを考えて間取りを考えるのが賢明な考え方です。洗濯や風呂の掃除を同時にできるようにしたり、キッチンで料理をしながら居間の片付けができるようにしたりといったことを考えると便利になります。住み心地の良さを決める要素として動線の考慮を忘れないようにしましょう。

家庭生活の充実度を決める収納

住み始めてみてしばらくすると不満を持つ人が多いのが収納の不足です。住み始めたときにはものがあまりなくて問題なかったものの、長く住んでいると、だんだんとものが増えてしまって置き場所に困ってしまいがちになります。十分なスペースを収納に費やすのは注文住宅を設計する上で大切な視点です。面積的にとるのが難しい場合には収納ボックスを宙吊りにしたり、床下に作ったりして工夫をすると意外に広いスペースを確保できるでしょう。

明るい家庭生活を生み出す採光

注文住宅を建てる際に盲点になりがちなのが部屋の明るさです。壁際に家具や家電を置こうと考えていると壁を多くしてしまいがちになり、窓が少なくなってしまいます。明るい家庭生活を送っていくためには部屋の明るさが重要であり、採光を十分にとって自然な明るさを追求するようにしましょう。意識して窓を作っていかないと少なめになってしまいがちです。時刻に合わせてどちらから日が入るかを考えて採光を重視すると明るい住居が実現できます。

足立区の注文住宅は、交通の便の良いところに集中しており、住環境を重視するうえで大きな魅力があります。