注文住宅は難しい?!工期も費用もかかる住宅!

デザイン会社に設計を依頼する人もいる

注文住宅は規格住宅と違って、家の形から自分たちで考える必要があるため、完成まで時間がかかります。住宅メーカーが持っている規格住宅をベースに変化を加える程度であれば住宅メーカーの設計部でも可能ですが、あまり見かけない個性的な住宅を希望している人は、そのデザインを一から描いてもらうためには住宅デザイン会社に依頼する人もいます。その場合にはデザインを外注することになるために建築費用も一般的な注文住宅よりも高額になりがちです。

置く設備を決めてから設計する

このように注文住宅の場合には費用も期間もかかります。しかもそこに設置する設備の大きさによって、また使い勝手を考えて、設計の調整も必要になってきます。例えばキッチンの形をデザイン会社に伝えて設計してもらったものの、キッチンに設置したいシステムキッチンがある場合には、その希望しているものの大きさにあわせて、キッチンの大きさの調整が必要になってきます。規格住宅の場合には、予め設置する設備等についても候補をいくつかピックアップしてそれらから選択してもらうようにしているために調整は必要ないのです。

出来上がりは個性的な家

そのため注文住宅を考える場合には予め希望する電化製品や設備がある場合には、それを伝えてその大きさを基準に設計して建築してもらう方が、何度も設計のやり直しをせずに済み、工期も短く余計な費用の発生も抑えることができます。またそのような注文住宅を建築することを希望する人は、住宅に関して結構なこだわりを持っている人が多いために、時間もお金もかかりますが、出来上がりはさすがに周囲の住宅とはちょっと違って個性的なものが多いです。

注文住宅はデザインにこだわっているので要望に合わせて自分なりのライフスタイルを築き上げることができます。